脂肪注入による豊胸手術のメリット

脂肪注入による豊胸手術は、自分の脂肪をバストに注入する方法です。胸の膨らみは元々脂肪によるものですから、仕上がりが柔らかく自然に見えます。また、脂肪が安定して定着すれば、メンテナンスもほとんど必要ありません。さらに、注入する脂肪は本人の腹部や太ももから取ります。ですから、痩身効果も期待できるでしょう。豊胸と痩身を同時に行いたいと考えている人にはおすすめです。

また、自分自身の脂肪を使うことにより、免疫反応やアレルギー反応などの心配がないのもメリットです。さらに、脂肪が定着すれば半永久的に失われることはないので、再手術をする必要もありません。そのため、体の負担も他の豊胸手術に比べると軽くなります。

脂肪注入による豊胸手術のデメリット

脂肪注入による豊胸手術は、自分自身から脂肪を採取して行うものです。ですから、やせ型で余分な脂肪がほとんどない人は、施術を受けることが難しいでしょう。また、注入した脂肪がどれだけ定着するか、やってみなければ分かりません。人によっては注入した脂肪があまり定着せず、希望のサイズまでバストアップができないこともあります。そして、一度に注入できる脂肪には限りがあります。そのため、希望のサイズまでバストアップするには、複数回の手術が必要になることもあるでしょう。

さらに、脂肪が定着せずに体内で壊死した場合、それがしこりとなって残り、周りが石灰化することがあります。細かいものは気にならないのですが、大型化すると乳がんと間違われることもあるでしょう。大きさによっては手術によって取り出す必要がでる場合もあります。